あなたが毎日の仕事をイヤに思い不満を抱えていれば


考えてみると私達が仕事にかける時間は毎日8時間以上。
実際職場にいなくとも、仕事のことを考えたり、
準備する時間も含めれば、1日のほとんどは、
仕事をしているか、仕事に関係のある時間ばかり
なのです。

もしあなたが毎日の仕事をイヤに思い、
不満を抱えて働いていれば、
貴重な人生のほとんどを、不満とつまらなさで
消費している
のです。

そして、もしあなたが自分の仕事に対して、やりがいを
感じられなかったり、喜びを持って取り組むことができず、
いつも不満と不平ばかりを感じていれば、 人間関係も、
ぎくしゃくし、嫌々やっていれば学びも少なくなります。


そしてさらに大事な仕事をまかせてもらうことはできず、
経済的にも恵まれなくなってしまいます。

さらに、今の仕事で身につけられるものがありませんから、
転職も不利になります

上司から信頼を失い、同僚の信用もなくし、
やりたい仕事が回って来ないどころか、
リストラの最優先候補になるかもしれません。

そうなれば、家族からも文句を言われ、
職場だけでなく家でも、居場所がなくなってしまいます。

もしあなたが、今の仕事をイヤに思い、毎日不満や
不平ばかり
で働いていたら、近い未来こうになってしまうのです。

あなたは、今自分が喜んで働けない原因をこう
考えていませんか?


「やりたい仕事ができない」から
「上司が理不尽で厳しい」から
「忙しすぎる」から
「周りの社員と合わない」から
「給料が低い」から

私は東大経済学部で仕事とお金について学び、
その後学んだ仏教哲学
によって、多くの人が陥っている
仕事に満足できない理由と、その解決について研究して
きました。

約6割が自分の周りに「あの人は天職についている」
感じる人があると答えても、
「自分が天職についている」と思える人は2割しかない
というデータがあります。

また日本人は、世界各国の中でも、より一層経営者や
従業員、また同僚との人間関係に、ストレスを感じている

という結果が出ています。

経済学では常識となっていることですが、
お金が増えれば増えるほど、その分満足感が増すのか?
というと、そうは言えないのです


仏教の哲学では、人間の心について
大変深く明らかにされています。


以来15年間学んだ中から、
このたび、経済学と、仏教哲学の2つの見地から、

「仕事に満足できない、
仕事が楽しくない原因とその解決法」
~「ライスワーク」が「ライフワーク」に変わるポイント~

を無料メール講座にて公開
することにしました。

無料メール講座であなたがわかる5つのポイント

  • たとえ転職しなくても、今の仕事が楽しい仕事に変わる発想法
    「今の仕事がやりたい仕事でない」
    1日の大半を占める仕事ですから、そう思うのは辛いことです。
    でも考えてみると、好きな事といっても、いつまでもやっていれば、
    あきてしまったり、苦痛になる
    ことさえあります。

    仕事も同じです。
    たとえ好きな仕事につくことができたとして、
    あきてしまったり、苦痛になったり。
    やりたい、と思ってやってみたのに、実際やってみたら、
    想像と違うこともあります

    自分に与えられた仕事の中で、できることを見つけて、
    一生懸命やってゆく人は、どんな時でも、喜び、働きがいを得られるのです。
    今の仕事のままが、楽しい仕事に変わる発想法がわかります。


  •  難しい上司とうまくやってゆく コミュニケーション・スキル
    できていないことを厳しく言われるのは、辛いです。
    でも、その上司と離れたからといって、本当の解決にはなりません。
    別の部署でもっと厳しい上司のもとで働くこともあるでしょうし、
    直さなければならないところを直さなければ、また別の上司から注意されます

    上司は、私が直したほうが良い点を、上司の立場で教えてくれています。
    言われた本人は、その時はどうして悪いのかわからないこともありますが、
    後になって、言ってくれた理由がわかり、感謝できる時もあるのです。
    自分を思えばこそ、言ってくれているのに、はねつけてしまっては、
    とても勿体無いです。

    叱られるのが嫌だ、と思って落ち込むのではなく、
    上司が何を望んでいるか考えてみましょう。
    私が正せば、必ず上司の見方も変わってきます。
    この人苦手だな、と思う上司とうまくやってくための、
    コミュニケーション・スキル
    がわかります。

  • 5時間かかってきたことが3時間でできる時間管理
    毎日、息つくヒマもないほど、忙しい。
    しんどいなあ、もっと仕事が少なければ、もっと仕事が早く終われば、と思って
    嘆いたところで残念ながら仕事の量は変わりません。

    どうしたら、少しでも改善できるか
    考えてみましょう。
    3の時間かかっていたら、2の時間でできないか、4の作業で手一杯のところ、
    5の作業をできないだろうか。
    1つ改善したら、あいた時間は、別にまわせます。
    少しずつでも、早くできるようになってくれば、自信にもつながり、
    実際に余裕もでてきます。

    あなたのまわりのいつも余裕をもって仕事をしている人は、何をしているのか?
    5時間かかっていた仕事が3時間で終わる時間管理法がわかります。

  • 周りの人と協力しあってやってゆくマインドとスキル
    職場は必ずしも、自分の話を聞いてくれる人自分の好きな人ばかりでありません
    今の職場は大半の人と、自分は合わないな、と思っている人もあるかも
    しれません。

    そんな時、別の職場だったらいいのにな、とふと思ってみたりするものです。
    しかし、転職したら人間関係が必ずよくなるとは限りません。
    もしかしたら、もっと自分と合わない人がいて、辛い思いをすることも
    あるのです。

    時にはあえて自分と異質な人と接したり気の進まないことにチャレンジして
    みましょう。
    最初は大変ですが、相手の意外な一面に驚いたり、昨日までの自分に
    なかったものを身につけて、以前よりも充実している自分を発見できます。
    周りの人と協力しあってやってゆくマインドとスキルがわかります。

  • 経済的にも恵まれる古から伝わるブッダの知恵
    生活費もギリギリで、生活もやっとやっとでは
    「こんな状態を続けていても・・・」と思うのは当然です。
    もしあなたが、生活に必要なお金は十分得られているとしたら、
    小学生の時のお小遣いを思い出してみましょう。

    100円が200円に増えたらとても嬉しいのに、すぐ、もっとほしくなる。
    200円が500円、1000円、2000円と増えていくのにしたがって、
    ほしいものも増えてきてしまいます。
    欲望にはキリがありません。

    どこまでいったら満足できるでしょうか。

    どこまでいっても、実は満足できないのだよと、お釈迦様は教えられました。
    いわゆる、経済学では、限界効用逓減の法則として知られるものです。
    人間にとって本当の満足とは何かを知るのが、とても大切なことです。


この無料メール講座によってあなたが今あげた「5つの解決法」を知れば、
喜びを持って毎日の仕事に取り組めるようになります。


そして、仕事や上司、会社や家族に対して心からの感謝を持ち、仕事が悪い、
会社が悪いと思っていた心のバリアが溶け、できる精一杯やってゆこうという
前向きな心になれるのを実感できます。
もちろん、職場以外で、学校生活、家庭生活、ご近所付き合いにも応用できます。

今なら小冊子で毎日の仕事をより潤滑にする、7つのポイントを紹介しています。
あわせてプレゼントしますので、
今すぐ以下のフォームから無料メール講座に登録してください。


氏 名: 
メールアドレス: